本当に可能? スマホでWordPressブログに投稿してみよう!

ブログ管理スマホ投稿, ブログ管理, 初心者

スマホ投稿ヘッダー

ぐず夫
ぐず夫
ルルル~ルルルルル~♪

トリ師匠
トリ師匠
虫が死滅しそうな鼻歌歌ってるとこ悪いんじゃけど、そろそろ言わせてもろてええか?
ぐず夫
ぐず夫
(…虫が死滅?)
な、なんやの、majiな顔して。
トリ師匠
トリ師匠
ここんとこWordPress絡みの更新を全然してないやろがい?!
少しはマジメに考えてんのか、アァン?!
ぐず夫
ぐず夫
ね、ね、ね、ネタがないんや…
トリ師匠
トリ師匠
そんならネタくれたらぁ。
今回はWordPressブログにスマホで簡単な投稿をしてみようのコーナーじゃBOKE!

ということで、今回はスマホを使ってWordPressブログに簡単な投稿をしてみようのお手軽コーナーです。

WordPressはスマホでも記事を投稿できるの?

本当に可能?

トリ師匠
トリ師匠
以前、ウチの質問コーナーの中「スマホでも投稿できるの?」て項目があったんを覚えてるか?

ぐず夫
ぐず夫
質問コーナー? ホンマにあったか?
記憶違いやろ。は~あ、年は取りたくないもんやで。
トリ師匠
トリ師匠
やったやろ!
そこでは簡単な写真や文章を投稿するくらいなら余裕やと答えたんじゃが、そいえばやり方説明してなかったな思っての。
ぐず夫
ぐず夫
ふーん。
そんでどないやねんな?
トリ師匠
トリ師匠
今回はスマホのブラウザ使って簡単な投稿の方法を確認してみるで!

※スマホ用WordPressアプリを使用した方法もありますが、今回はブラウザ(Safari)を使用した投稿方法となります。

素人でもできるWordPressのブログ立ち上げ手順一覧!

スマホで自分のブログにログインしてみよう!

トリ師匠
トリ師匠
ぐず夫はスマホで自分のブログ見たことあるか?
ぐず夫
ぐず夫
ないな。
ワシがWi-Fiのタダ乗りつこて見るのは、ヅマヒトの”ピー”とか、TVerでテレビ見るとか、年下の”ピー”とか、radikoでラジオ聴くとか、”ピー”の”ピー”とか、そんなんばっかやもん。
トリ師匠
トリ師匠
主にのっけられんワードばっかやないか。
もう少し向上心てもんはないんか?
ぐず夫
ぐず夫
ないよ。
ワシは海老蔵みたいに意味のないもんを散発するよな人間とちゃうねん。
トリ師匠
トリ師匠
どっちか言うとおのれのが無意味やけどな。言ってもあっちは無数のファンがおるわけで。て、そんなことどーでもええ!
ぐず夫
ぐず夫
いちいち怒るなて。
で、自分のブログ見ろて?
トリ師匠
トリ師匠
そや。まずは自分のWordPressブログにログインしてみるで
WordPressのインストール状況は人によって異なるでマチマチやけど、デフォルトの人やったら、スマホのブラウザで下みたいなアドレスにアクセスしてログイン画面を出したってちょ。あくまでもこれは一例やから、アドレスは各々違うかもしれへんで注意してな!
ログインはこんな感じで!

例:http(s)://(独自ドメイン名)/wp-admin/

ぐず夫
ぐず夫
ワシのページはゴニョゴニョ…
よし、入力でけたで!
トリ師匠
トリ師匠
そしたらこんな画面が出てくるで、ユーザー名とパスワードを入力してログインじゃ!

ログインイメージ

ぐず夫
ぐず夫
オオッ!
なんやそれっぽい画面が出てきたで!
トリ師匠
トリ師匠
パソコンのブラウザで見てるのと似たような画面が出てきたらログイン成功じゃ。ちなみに言うとくけど、外で投稿する時は、怪しいフリーのWi-Fiとか使うんは注意やで。ちゃーんとセキュリティ面も気ぃつけてな!

ホーム画面イメージ

早速投稿してみよう!

トリ師匠
トリ師匠
そんでは投稿に入ってくで。
まずはWordPressのホーム画面で、上にある「三本線」からメニューを表示じゃ。

メニューイメージ

トリ師匠
トリ師匠
いつもの見慣れたメニューが出てきたら、「投稿」を押して「新規追加」を押してみるで!

新規投稿イメージ

トリ師匠
トリ師匠
一番上にタイトル欄が表示されてるで、そこにタイトルを記入じゃ。なおこっから下は、Gutenbergかクラシックエディタで普通にパソコンで投稿したことある人向けに説明するからな。ちゃうかったら下でそもそもの投稿方法確認したってな!

投稿画面イメージ

☆そもそもの投稿方法が分からない方はこちら!

ぐず夫
ぐず夫
タイトル入力したけど、パソコンと違ってサイドバーがあらへんで。パーマリンクの設定とかどこでやんねんな?
トリ師匠
トリ師匠
今から説明するやん。
エディタにGutenbergを使ってる人は、いつもサイドバーに出てる項目が、「右上のマーク」を押すと出てくるでやってみ。
クラシックエディタの人は、なんもせぇへんでも一覧が全部ページに出てるはずやで、パーマリンクなんかの設定したってな。

設定表示ボタン

トリ師匠
トリ師匠
右上の「×ボタン」押せば本文に戻れるで!

サイドバーイメージ

トリ師匠
トリ師匠
続いては本文じゃ。
「文章を入力~」て書いてるとこを押してみると、横っちょに「+」ボタンが表示されるでな、押せばいつものようにブロックを選択できるで!

プラスマークイメージ

トリ師匠
トリ師匠
「見出し」やったり、「画像」やったり、好きな項目を選ぶことができるで。

ブロック選択イメージ

トリ師匠
トリ師匠
もちろんスマホに入ってる画像のアップロードも可能や。サイズに気ぃつけてアップしたってな!

画像も選択可能

☆ファイルサイズが大きすぎると怒られたら?

トリ師匠
トリ師匠
中身を入力してみると、上の方に「プレビュー」も表示されるで確認したってな。ちなみに「プレビュー」の隣の「雲マーク矢印」「下書き保存」のマークやで、保存したい時に押すんやで!

プレビューと下書き保存

ぐず夫
ぐず夫
パソコンでできることが、ほとんどそのままできるんやな。ちゃんとやればスマホでもそれなりに投稿できるんちゃうか?
トリ師匠
トリ師匠
せやで。
でもブラウザ別の見た目やったり、画像の調整やったり、細かな見た目の設定するにはちぃと面倒やで、こだわる場合はパソコンやタブレット使った方がええで。あくまで「簡単な投稿」に留めるのがちょうどええ使い方や思うで。
クラシックブロックも
クラシックブロックもちゃんと使える
トリ師匠
トリ師匠
Gutenbergは項目とか一部隠れてるけど、クラシックエディタ使ってる場合はパソコンで投稿する時と基本同じ項目がダラ~っと表示されてるで、本文入力欄から下へスライドして全部設定したってな。「下書きとして保存」「プレビュー」ボタンもちゃんと用意されてるで心配いらんで!
クラシックエディタも
本文から下へスライドすると…
ぐず夫
ぐず夫
よし、適当に書いたで。
トリ師匠
トリ師匠
最後はいつものように「公開する」を設定したら終いや。
スマホでも、たったこれだけで記事は投稿できるからな。見た目やなんやは記事を公開した後でも直せるで、ひとまず出先で更新したい時なんかにオススメな機能やで。簡単な投稿方法は以上でおしまいや!

公開ボタンイメージ

スマホでの記事投稿を終えて…

ぐず夫
ぐず夫
意外にそのままなんやな。
トリ師匠
トリ師匠
せやで。
ただ画像のサイズやったり、ファイルの添付やったり、見た目の設定やったりはスマホやと一手間かかるで、スマホだけでブログ管理するんはオススメせぇへんな。
ぐず夫
ぐず夫
そうなんか?
気にしんならええやん。
トリ師匠
トリ師匠
サイトスピードの低下やらレイアウト不備は結構面倒な問題生むこともあるからな。もし出先で更新した時は、あとでパソコンでもちゃーんと確認するとええで。
ぐず夫
ぐず夫
ふーん。
ま、ワシはスマホで更新なんてせぇへんけどな。めんどいし!
トリ師匠
トリ師匠
…おのれはどうしたらやる気を発揮してくれるんじゃ?

ということで、今回はスマホでの簡単な記事投稿の方法でした。ちょっとした写真や日常報告の文章などにオススメです!

ではまた次回。