カスタマイザー設定で細かな部分のメンテナンス!Luxeritas(ルクセリタス)【コピーライト、その他、バージョン編】

2018年10月30日ブログ管理Luxeritas, Luxeritas内部カスタマイズ, コピーライト, その他, バージョン, ブログ管理, 初心者

その他設定ヘッダー

トリ師匠
トリ師匠
いよいよ内部のカスタマイズ編も最後やで。

ぐず夫
ぐず夫
最後最後て、いつまでたっても最後なんかこーへんのやろが。
トリ師匠
トリ師匠
スレとるのう。ま、最後の3つを一気に見てみよか!

ということで、今回はLuxeritasのカスタマイザー機能を使って「コピーライト」「その他」「バージョン」の3項目についてまとめて確認してみたいと思います

コピーライト 機能

内部カスタマイズ選択

トリ師匠
トリ師匠
ブログ最下部に表示されるブログのCopyrightを設定する部分じゃ。完全に好みの問題やでちゃっちゃとやろか。管理画面から「Luxeritas」「カスタマイズ」を選択して、「コピーライト」タブを選択じゃ!

① コピーライトの書式

ブログに表示するコピーライトの内容を設定します。

コピーライト例
コピーライトの一例
トリ師匠
トリ師匠
見たまま設定したものがブログ最下部に表示されるで。自由に設定したってや!

 

その他 機能

内部カスタマイズ選択

トリ師匠
トリ師匠
ブログ内部機能のその他細かな設定をする部分じゃ。何っていう部分やないで、個別に見てみるしかないの。管理画面から「Luxeritas」「カスタマイズ」を選択して、「その他」タブを選択してみ。

① 404 Not Foundページ

404 Not Foundを表示する場合の固定ページを設定する機能。

トリ師匠
トリ師匠
「404 Not Found」はサーバーには繋がったけど該当のページが無かった場合などに表示される項目じゃ。任意の「固定ページ」を設定できるで、専用のページを作って設定したってちょ!

② サイトの表示設定

サイト表示に関する細かな設定を行う機能。

【 バッファリングの逐次出力を有効にする 】
体感速度が向上する機能。

トリ師匠
トリ師匠
作者さん曰く、体感速度が少し向上するようになるとのことじゃ。詳細な処理の中身は説明しようがないで省略じゃ。キャッシュ系プラグインの注釈は気にしたってな!

【 バリアフリーのためのrole属性を追加 】
サイトにrole属性を追加する。

トリ師匠
トリ師匠
「role属性」は、もの凄く簡単に言うといわゆる障害を持ったユーザーさんにもページを正確に知ってもらおっちゅうためのもんかの。
ダンパ
ダンパ
ページの状態を機械的に理解しやすくするための補助機能、くらいに思っておけば大丈夫です。ちなみに有効にしてもデメリットは特にないと言われています。

【 hentryクラスを除去する 】
microformatsのhAtom規格、hentryクラス(構造化データ)を除去する。

トリ師匠
トリ師匠
更新日時やら投稿日時を非表示にするとGoogleのサーチコンソール等で構造化エラーとして検出されるんじゃが、そもそもそれら全部をもろとも除去してやるっちゅうことじゃの。
ダンパ
ダンパ
構造化データは検索エンジン等のクローラーが理解するためのタグみたいなもので、チェックを外してもSEO的に影響はないとされていますが、検索結果等の見え方が変わりますので注意です!

【 マルチバイト文字(日本語など)のスラッグを許可する 】
スラッグをマルチバイト文字に設定するのを許可する機能。

トリ師匠
トリ師匠
スラッグ(簡単に言えばページ名)に日本語等のマルチバイト文字を設定できるようにするもんじゃの。使うのは別に自由じゃけど、非推奨ってなってるしメリットも特にないの。ちなみにこのページのスラッグは「post-62」じゃ。

③ user-scalableの設定

ユーザーのズーム操作可否設定をする機能。

トリ師匠
トリ師匠
注釈にあるままじゃ!

④ デザイン用の設定

【 カテゴリウィジェットの投稿数をaタグの内側にする 】
カテゴリウィジェット内に表示される投稿数の表示をaタグの内側に設定する。

トリ師匠
トリ師匠
CSSでの装飾を考えて作者さんが付けてくれた機能じゃの。通常はチェックでええと思うで。詳しくはこちら(外部サイト)をどうぞ。

【 アーカイブウィジェットの投稿数をa タグの内側にする 】
カテゴリウィジェットと同様のため省略。

【 親テーマCSS非圧縮(デバッグ用) 】
親テーマのCSSを圧縮しない。

トリ師匠
トリ師匠
文字通りデバッグ用に使用する機能じゃ!

⑤ ウィジェットの保存ができない場合の対策

【 ウィジェット保存ボタンがクルクル回ってセーブできない場合の対策 】

トリ師匠
トリ師匠
主にウィジェットの保存ができん時に使うらしいで。サーバーのWAF(Webアプリケーションファイアウォール)なんかの影響で設定が保存できへん時に使ったってちょ。

 

バージョン 機能

内部カスタマイズ選択

トリ師匠
トリ師匠
文字通りテーマのバージョンを確認する部分じゃ。Luxeritasの親テーマ、子テーマのバージョンが確認できるで! 管理画面から「Luxeritas」「カスタマイズ」を選択して、「バージョン」タブを選択してみよか。

① テーマのバージョン確認

親テーマと子テーマのリリースバージョンが確認できます。

トリ師匠
トリ師匠
たまにはインストール済みのバージョンと作者さんのページにリリースされてるソフトのバージョンと比べてアップデートしたってな!

◆テーマのアップデートはこちらを参照!

 

 

コピーライト、その他、バージョンの確認を終えて…

トリ師匠
トリ師匠
これでカスタマイザーを使った内部設定が終わりじゃ。
ぐず夫
ぐず夫
…次はなんじゃ
トリ師匠
トリ師匠
次はLuxeritasの管理機能をちょっとだけ触っておくかの。
ぐず夫
ぐず夫
終わりへの長い長い道のりやで。

以上でコピーライト、その他、バージョン編の内部カスタマイズを終了します。

ではまた次回!