ウチのブログ見てる人いるの? そんな疑問を解決するために素人がGoogleアナリティクスを導入する

ブログ管理Google Analytics, Googleアナリティクス, Luxeritas, WordPress, ブログ管理, 初心者

誰か見てるの?

ぐず夫
ぐず夫
よっしゃ。ついに挨拶文を投稿したで!
これでワシのブログも百万人規模のお客がわんさか入りよるで。
トリ師匠
トリ師匠
ふ~ん。そら良かったな。
ぐず夫
ぐず夫
おいトリ公!
ワシのブログがどんだけ人気あるのか分からんのか。凄い人気やろがい!
トリ師匠
トリ師匠
……多分まだ誰も見とらんレベルじゃぞ、こんな糞みたいなブログ。
ぐず夫
ぐず夫
く、糞やと?
許さへん、絶対に許さへんで(わなわな)
トリ師匠
トリ師匠
なら自分の目で確かめてみい。仕方ないの、なら今回はGoogleアナリティクスでも導入してみるか

ということで、今回はGoogleアナリティクスを設定をしてブログのアクセス数を確認してみましょう。

Googleアナリティクスとはなんぞや

アナリティクスて何?

トリ師匠
トリ師匠
簡単に言えば、Googleが提供しとる「アクセス解析」のツールやの。アカウントさえ持っとれば誰でも無料で使える便利なもんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
「あくせくはたらけ」やと?
ワシがサボっとるっちゅうんかい!
トリ師匠
トリ師匠
どんな人がブログを見とるか確認できるツールじゃどアホ! おっきな企業から個人のブログまで、幅広い領域で使用されとるツールでの、WordPressでブログやっとる人間なら半分以上が導入してるんやないかの
ぐず夫
ぐず夫
むむむ。そうなんか。
トリ師匠
トリ師匠
このツール単体でもえらい規模の分析ができるでの、ワシも完璧に使いこなすのは難しいくらいじゃ。ま、ぐず夫なら上辺だけのうっすいうっすいとこだけ分かれば十分じゃで、心配はいらん
ぐず夫
ぐず夫
馬鹿にしくさって!
今にみておれ。
トリ師匠
トリ師匠
ひとまず導入してみるか。
まずはGoogleアカウントの登録やの。

Googleアカウントを登録するで!

アカウント登録?

トリ師匠
トリ師匠
これ流石に説明必要かの?
今どきGoogleのアカウントくらい誰でも持っとる気がするが…
ぐず夫
ぐず夫
い、一応簡単に説明せんか! い、一応やで!
トリ師匠
トリ師匠
…ならまずはアカウントの作成にアクセスしてアカウント作るんじゃ。画像も用意せんけど大丈夫じゃろ。

20数分後……

ぐず夫
ぐず夫
ど、どうにかアカウント作れたで!
どや、流石やろがい!
トリ師匠
トリ師匠
どうしても無理なら誰かが作ったページ載せとくで見て。気が向いたら作るわ
Androidスマホでアカウント作成 (外部サイト)
パソコンでアカウント作成 (外部サイト)

Googleアナリティクスを使う準備をしよう!

トリ師匠
トリ師匠
ほい、じゃアナリティクスを準備するで。さっさと行くでちゃっちゃと動き。まずはGoogleアナリティクスのページへ移動じゃ!

Analyticsイメージ

トリ師匠
トリ師匠
こんな感じの画面が表示されるで、「Start for free」のボタンをプッシュじゃ

Googleアナリティクスのアカウント作成

Analyticsアカウント登録

トリ師匠
トリ師匠
するとこんな画面が表示されるでの、以下を参考に必要な情報を入力じゃ。全て設定したら、「トラッキングIDを取得」をクリック!

① トラッキングの対象
解析したいサイトの形態を選択します。
→ 「ウェブサイト」を選択

② アカウント名
Googleアナリティクス使用時のアカウント名を決定する。
→ 任意のIDを入力してください

③ ウェブサイトの名前
サイトの名前を決定する。
→ ご自身のサイト名を入力してください

④ ウェブサイトのURL
サイトのアドレスを決定する。
→ ご自身のサイトのURLを入力してください。当ブログを参考に作成された方は、「https://」ですのでお間違えのなきよう入力ください。

⑤ 業種
サイトの種類を決定する。
→ ご自身のサイトが該当する分野を選択してください

⑥ レポートのタイムゾーン
サイトのタイムゾーンを決定する。
→ 日本を選択

⑦ データ共有設定
保存されるデータの使われ方に関する選択肢です。
→ 任意で選択してください。データを誰にも見られたくないならば、全てのチェックを外してください。

トリ師匠
トリ師匠
「トラッキングIDを取得」をクリックするとアナリティクスの利用規約が表示されるでの。ちゃんと読んでOKじゃったら「同意する」を選択じゃ。これでトラッキングIDが発行されるの。

Googleアナリティクスのトラッキングコードを設定するぞ(Luxeritas編)!

ぐず夫
ぐず夫
トラッキングIDちゅうのが取れたの。
ん? なんじゃ、トラッキングコードがなんちゃら書いてるが

トラッキングコード

トリ師匠
トリ師匠
こいつはぐず夫のブログでデータを取るために必要なコード(プログラム)っつっての。この文字の羅列を組み込んでやることで、誰がぐず夫のブログを読みにきたか分かるようになるんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
モジノラレツヲクミコム?
何やそれ、そんなんワシには無理じゃ
トリ師匠
トリ師匠
別に難しくあらへんわ。一旦トラッキングコードのページはそのままにして、まずはいつもどおり、自分のブログの管理画面を表示させ。
ぐず夫
ぐず夫
ワシにもできるんやろか
トリ師匠
トリ師匠
心配せんでもええ言うてるやろ。
「Luxeritas」の項目から、「子テーマの編集」をクリックじゃ!

子テーマ選択

ぐず夫
ぐず夫
……子テーマ?
なんかどっかで聞いたのう
トリ師匠
トリ師匠
前に説明したがな。詳しく見たい人はこちらを確認してな。

◆Luxeritasのインストールと子テーマの設定はこちら!

 

アクセス解析(header)

ぐず夫
ぐず夫
うへぇ、なんや小難しい文字の羅列が現れたで! 蕁麻疹出てきそうや。
トリ師匠
トリ師匠
(ホンマにアホやのう…)
別に大したことはせん。「アクセス解析(head)」タブを選択したら、文字が並んだ枠の中を確認じゃ。ここにコードを追記するでの。

貼り付け場所

トリ師匠
トリ師匠
そしたら先のトラッキングコードの画面に戻ってグローバルサイトタグ(gtag.js)っちゅう枠に入ったコードを全部コピーじゃ

コード貼り付け

トリ師匠
トリ師匠
そしてコピーしたコードを画面の指定部分に貼り付けじゃ。最後に「保存」を押して終了。たったこれだけで準備は完了じゃ
ぐず夫
ぐず夫
簡単やったのう。
トリ師匠
トリ師匠
まぁも少しちゃんと設定してもええけどな、下手するとミスして画面真っ白になって操作不能になるで今回はここまでにしよか。次回は自分の足跡付けんでええように、ちとコードをイジるでの。楽しみにしとき。
ぐず夫
ぐず夫
(一人で何言ってんのやこのトリ。いよいよボケたんか、気持ち悪いのう)

Googleアナリティクスを見てみよう!

見てみる

トリ師匠
トリ師匠
早速Googleアナリティクスの画面へ移動じゃ。サイトにアクセスするとこんな感じの画面が出てくるやろ

Analyticsイメージ

ぐず夫
ぐず夫
ほ~
トリ師匠
トリ師匠
まずは左側のリアルタイムでも見てみるかの。「リアルタイム」項目の「概要」をクリックしてみ

リアルタイム情報

ぐず夫
ぐず夫
おお! 誰かがアクセスしてはる!
見てみい、人気やないか!
トリ師匠
トリ師匠
そりゃぐず夫自身のアクセスじゃ。自分のアクセスを除外してへんからの。まあこれでちゃんとアクセスが取れとるのが分かったで、今回はここまでにしよか

設定を終えて…

トリ師匠
トリ師匠
そんで、どや。半日たったけど、ぐず夫のブログ、誰か見に来たか?
ぐず夫
ぐず夫
やかましい!
ワシ以外、誰も来ぃへんわ!
泣かしたろかい(ハフハフ)
トリ師匠
トリ師匠
(自分が泣いてるやん…)
最初はそんなもんじゃ。別に気にせんでもええっちゅうねん。
ぐず夫
ぐず夫
今に見てみぃ、必ず人で一杯にしたるけぇのう。ワシの底力、見せたるけぇのう!
トリ師匠
トリ師匠
(…勝手にせえ)

ということで、Googleアナリティクスの導入でした。

次回はGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外してみるぞ。

お楽しみに!