いらないゴミはパッと消して最適化しましょう! WP-Optimizeの設定方法と使い方

2018年9月4日ブログ管理Luxeritas, WordPressプラグイン, WP-Optimize, ブログ管理, 初心者

WP-Optimizeヘッダー

トリ師匠
トリ師匠
じゃあ今日もまたプラグインを設定するで!

ぐず夫
ぐず夫
……へいへい
トリ師匠
トリ師匠
今度は不要なデータの削除やデータベースの最適化を自動で行うっちゅうプラグイン、WP-Optimizeを設定するで!

ということで、今回はWP-Optimizeの設定を行います。

WP-Optimizeとはなんぞや

トリ師匠
トリ師匠
ぐず夫のつこてるPC、日に日に動きが鈍ぅなってる思わんか?
ぐず夫
ぐず夫
よう知ってるな、さてはエスパーやな。
トリ師匠
トリ師匠
WordPressも同じでな、つこてるうちにWordPressのデータベースがグチャグチャなったり、無駄なデータが増えたりして、どんどんブログが重くなってしまうんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
困ったのぅ、どうすりゃええんじゃ
トリ師匠
トリ師匠
そんな時、余分なデータやグチャグチャんなったデータを整理してくれるんが、このWP-Optimizeじゃ。どや、便利やろ?
ぐず夫
ぐず夫
ついでにワシの部屋も片付けてくれへんかのぅ…
トリ師匠
トリ師匠
(知らん…)
ちゅうことで、早速プラグインをインストールして起動じゃ!

◆プラグインのインストールはこちらを参照!

WP-Optimize(Ver2.2.4)を設定するで!

Optimizeスタート

トリ師匠
トリ師匠
まずは管理画面からWP-Optimizeを立ち上げ、「設定タブ」をクリックじゃ!

WP-Optimize【一般設定】

Optimize設定イメージ1

① データ保持期間設定
古いデータを自動で削除する設定。チェックを入れることで指定が可能。
→ 任意の値を設定。(ぐず夫は2週間保持、かつチェックを選択)

② 管理バーリンクを有効化
管理ページの上部バー(上部選択項目)にWP-Optimizeの項目を追加
→ 任意です。ショートカット項目として必要ならチェックしてください。
(ぐず夫はチェック不要)

 

WP-Optimize【Scheduled clean-up settings】

Optimize設定イメージ2

③ Enable scheduled clean-up and optimization(定期クリーンアップ)
自動最適化設定。設定した期間毎に自動で最適化処理を行う機能
→ 手動で行うことも可能だが、週に一度自動で最適化するよう設定する。

ぐず夫の設定は以下

[データベーステーブルの最適化]
データベーステーブルを最適化する機能
→ チェックを選択

[自動リビジョンを削除]
記事を書いている時に保存した古い「下書きデータ」を削除する機能
→ チェックを選択

[Remove auto-draft posts]
記事を書いている時に自動で保存された下書きを削除する機能
→ チェックを選択

[Remove trashed posts]
ゴミ箱に入れた記事を削除する機能
→ チェックを選択

[Remove spam and trashed comments]
スパム判定されたコメントやゴミ箱に入れられたコメントを削除する機能
→ チェック不要

[未承認コメントの削除]
アナタが承認していないコメントを削除する機能
→ チェック不要

[期限切れのtransientオプションを削除]
transientAPI(ページを高速化させる機能と思ってください)によって生成された期限切れのキャッシュ(通信を円滑に行う機能だと思ってください)を削除する機能
→ チェック不要

トリ師匠
トリ師匠
初心者にtransientオプションを説明するのはちと難しいんじゃが、WordPressにはトランジェントっちゅう有効期限のあるデータを取得する機構(仕組み)があっての、「あるタイミングの時だけ」データが必要な場面で無駄を省くために用いられるもんなんじゃ。でも時間限定やから有効期限が切れるとゴミになってな、そいつを消したろっちゅうこっちゃ
ぐず夫
ぐず夫
(なんのこっちゃ…)
トリ師匠
トリ師匠
別に分からんでもええわ。あとここでチェック不要にした項目は、基本的にワシが手動消去を推奨しとるもんじゃ。やからチェックせんかった項目は、こっからの手動削除の項目でしっかり確認してな!

 

WP-Optimizeを使って手動最適化するで!

トリ師匠
トリ師匠
WP-Optimizeには自動化の設定の他に、手動で最適化する方法もあるんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
手動でもできるんか。まぁどっちゃでもええけど
トリ師匠
トリ師匠
手動やと自動にない項目も最適化できるでの。一つずつ確認してみるで!

【 注意 】
データベースの最適化と不要データの削除は実行後に戻すことができませんので、注意し作業してください。あらかじめサイトのバックアップを取ることをオススメします。なお当ブログの順序通り進めているならば、まだ最適化の必要はございません。以下項目の実行はバックアップ作成後まで不要です。

◆サイトのバックアップと復元はこちらを参照!

WP-Optimize【手動最適化】

トリ師匠
トリ師匠
まずはWP-Optimizeタブを選択じゃ

Optimize設定イメージ3

① データベーステーブルの最適化
データベーステーブルを最適化する機能

② すべての投稿リビジョンをクリーン
記事を書いている時に保存した古い「下書きデータ」を削除する機能

③ Clean all auto-draft posts
記事を書いている時に自動で保存された下書きを削除する機能

④ Clean all trashed posts
ゴミ箱に入れた記事を削除する機能

⑤ Remove spam and trashed comments
スパム判定されたコメントやゴミ箱に入れられたコメントを削除する機能

⑥ 未承認コメントの削除
アナタが承認していないコメントを削除する機能

⑦ 期限切れの transient オプションを削除
transientAPI(ページを高速化させる機能だと思ってください)によって生成された期限切れのキャッシュ(通信を円滑に行う機能だと思ってください)を削除する機能

⑧ ピンバックの削除
ピンバック(自分の書いた記事の中で出てくるページのサイト管理者に自動で通知する機能)に使用したデータを削除する機能

⑨ トラックバックの削除
トラックバック(どなたかのブログ記事等に対して自分の記事へのリンクを貼り付ける機能)に使用したデータを削除する機能

⑩ 投稿メタデータのクリーン
不要な投稿メタデータ(アイキャッチ画像や投稿日、タイトルなど)を削除する機能

⑪ コメントメタデータのクリン
不要なコメントメタデータ(投稿日等)を削除する機能

⑫ 孤立したデータのクリーン
データベース中の使用されていないデータを削除する機能

トリ師匠
トリ師匠
チェックを付けたもんをまとめて「Run all selected optimizations」で実行するか、個別の「最適化を実行」で実行するかは自由じゃ。最下の警告にもあるが、赤文字(⑦~⑫)の項目は最適化実行中にサーバエラーなど起こすとデータが壊れてまうからの、実行する前にバックアップは必須じゃ
ぐず夫
ぐず夫
なんやよく分からへんけど、赤字の項目は注意するんやな
トリ師匠
トリ師匠
定期で最適化せえへん項目に関しては、機会を見て自分で最適化を実行するこっちゃ。ぐず夫の場合は⑤~⑫やの。「注」の部分に溜まっとるゴミが表示されてるで、増えたら消したってな

設定を終えて…

ぐず夫
ぐず夫
いつまでプラグインの設定させる気や!
トリ師匠
トリ師匠
もうちょいで終わりやで我慢せい!
ぐず夫
ぐず夫
うぐぐぐ

ということで、WP-Optimizeの設定は終了です。

次回は別のプラグインを設定するぞ。
お楽しみに!