サイトマップはこれで安心。素人でも分かるGoogle XML Sitemapsの設定方法

2018年9月3日ブログ管理Google XML Sitemaps, Luxeritas, WordPress, WordPressプラグイン, ブログ管理

Google XML Sitemapsヘッダー

トリ師匠
トリ師匠
お次は意外と重要なサイトマップを準備じゃ。Google XML Sitemapsっちゅうプラグインを使ってサイトマップを準備するぞ

ぐず夫
ぐず夫
またプラグインかいな。もう飽きたわ…
トリ師匠
トリ師匠
飽きるほど作業しとらんやろ!
このプラグインはぐず夫がブログを更新したり記事を修正したりしたときに、自動でサイトマップの更新や検索エンジンへの通知をしてくれるんじゃ。

ということで、今回はGoogle XML Sitemapsの設定を行います。

Google XML Sitemapsとはなんぞや

ぐず夫
ぐず夫
さっぱり分からん。ちゃんと説明してくれ
トリ師匠
トリ師匠
Googleを始めとする検索エンジンは「クローラー」っちゅうもんを持っとっての、自動でWeb上のファイルを収集し続けてるんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
それが何ぞ関係あるんか
トリ師匠
トリ師匠
クローラーも闇雲に動いとるわけとちゃう。当然動きやすく、効率よく巡回できる場所ほどしっかり見てくれるもんじゃ。人間も同じじゃろ?
ぐず夫
ぐず夫
せやな。だから何?
トリ師匠
トリ師匠
だからそのクローラーに動きやすく見てもらうために、サイトの管理者は「サイトマップ」っちゅうもんを作っとく必要があるんじゃ。これはサイト全体の内部的な繋がりをまとめたページでの、見に来てくれたユーザーさんやクローラーに「ウチにはこんなページがあるで!」って知らせるためのもんじゃ
ぐず夫
ぐず夫
ほ~。親切さんやな
トリ師匠
トリ師匠
せやで。Google XML Sitemapsちゅうのは、このサイトマップを便利に作れるっちゅうプラグインじゃ。どや、必要じゃろ?
ぐず夫
ぐず夫
……せやな
トリ師匠
トリ師匠
(本当に分かっとるんか…)

◆プラグインのインストールはこちら

Google XML Sitemaps(Ver4.0.9)を設定するで!

XML Sitemap起動イメージ

トリ師匠
トリ師匠
まずはメイン画面を確認じゃ。インストールした時点で既にサイトマップは作られとるからの、こっからは設定の変更じゃ

サイトマップURLイメージ

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL
→  あなたのサイトのサイトマップURLです。クリックし、ご確認ください。

トリ師匠
トリ師匠
ここからいつでも自分のサイトマップが見れるで覚えとくんやで!

Google XML Sitemaps【基本的な設定】

基本的な設定

① Notify Google about updates of your site
サイトの更新をGoogleに通知する機能
→ チェックを選択

② Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
サイトの更新をBingに通知する機能
→ チェックを選択

③ サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
robots.txt(クローラー向けの命令文)にサイトマップのURLを追加する
→ チェックを選択

④ 高度な設定
通常起こらないが、サイトマップリクエスト中にメモリ不足や実行時間制限のエラーが発生した場合にメモリと実行時間を定義可能な機能。(サイトが巨大な場合などに発生等々)
→ 通常チェック不要

⑤ Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.
サイトマップの自動圧縮機能
→ チェックを選択

⑥ XSLTスタイルシートを含める
XMLサイトマップをXSLT(スタイルシート)で変換する機能。パスを指定する。
→ 通常空欄で、「デフォルト設定を使用」にチェックを選択

⑦ Override the base URL of the sitemap
サイトマップのベースURLを変更する機能(WordPressのインストール先がドメイン直下でない場合などに使用する)
→ 通常空欄で構いません

⑧ HTML形式でのサイトマップを含める
HTML形式のサイトマップを作成する機能
→ 通常チェックを選択 (※例外有。ぐず夫の場合はチェック不要)

⑨ 匿名の統計を許可する
→ チェック不要

※Luxeritasテーマを使用の場合、デフォルトで当機能が付いているためチェック不要

 

Google XML Sitemaps【Additional Pages】

任意ページ追加

⑩ 新しいページの追加
任意のページをサイトマップに追加する機能(WordPress管理外のページ)
→ 特に変更なし

 

Google XML Sitemaps【投稿の優先順位】

優先順位の計算法選択

⑪ 投稿の優先順位の計算方法を選択
投稿ページの優先順位に関する計算方法の設定(自動 or 手動)
→ 自分で設定するため「優先順位を自動的に計算しない」を選択

 

Google XML Sitemaps【Sitemapコンテンツ】

サイトマップコンテンツ

⑫ WordPress標準コンテンツ
サイトマップに記述する内容を選択する機能
→ クローラーに見てほしいページだけ指定することで無駄を省くことが可能。基本的に任意。

ぐず夫の場合は?

・「ホームページ」
・「投稿 (個別記事) を含める」
・「カテゴリーページを含める」  …に、チェックを選択

⑬ 詳細なオプション
ページ別の最終更新時刻を明記する機能
→ チェックを選択

 

Google XML Sitemaps【Excluded Items】

Excluded Items

⑭ 含めないカテゴリー
サイトマップに記述しないカテゴリを選択する機能
→ 基本的に任意。(ぐず夫は空欄)

⑮ 投稿(個別記事)を含めない
サイトマップに記述しない記事を選択する機能
→ 基本的に任意。(ぐず夫は空欄)

 

Google XML Sitemaps【Change Frequencies】

Change Frequencies

⑯ 更新頻度の設定
ページの更新頻度をクローラーに指定する機能。ただしクローラーが指示通り動くかは別。
→ ⑫で指定した項目を軸に更新頻度を設定する。基本的に任意だが、不要なページは「更新なし」とすることで無駄を省く。

ぐず夫の場合は? 

「毎日」… ホームページ
「毎週」… 投稿 (個別記事)
「なし」… 固定ページ
「毎週」… カテゴリー別
「なし」… 今月のアーカイブ
「毎月」… 古いアーカイブ
「なし」… タグページ
「なし」… 投稿者ページ

トリ師匠
トリ師匠
どのページを更新するかは人それぞれじゃから、自分で考えて設定するとええで

Google XML Sitemaps【優先順位の設定 (priority)】

priority

⑰ 優先順位の設定
ページの優先順位(重要度)をクローラーに指定する機能。ただしこちらもクローラーが指示通り動くかは別。
→ ⑫で指定した項目を軸に更新頻度を設定する。値は任意。

ぐず夫の場合は? 

「0.8」… ホームページ
「0.8」… 投稿 (個別記事)
「0.8」… 投稿優先度の最小値
「0.0」… 固定ページ
「0.8」… カテゴリー別
「0.0」… アーカイブ別
「0.0」… タグページ
「0.0」… 投稿者ページ

トリ師匠
トリ師匠
大方のページは同じような設定になるやろな。実際にはあまりクローラーも重要視しとらんようやし、根を詰めて考える必要もないじゃろ

全ての設定を完了したら「設定を更新」ボタンを押して終了です。

 

設定を終えたら…

ぐず夫
ぐず夫
これで終いか?
トリ師匠
トリ師匠
ん~、実際はこのサイトマップをSearch Consoleで送信するところじゃが、今回はまあええわ、また今度教えたる。まずはプラグインの設定じゃて
ぐず夫
ぐず夫
(またわけわからんことを…)
トリ師匠
トリ師匠
最後にちょいと補足。実はこのGoogle XML Sitemaps、ちょこちょこバグを起こすことでも有名での。ふとした時にサイトマップを出さんくなって止まっとる時がある
ぐず夫
ぐず夫
あかんやないの、それ…
トリ師匠
トリ師匠
そんな時は古いバージョンのソフトを入れ直すか、ソフトを再インストールすりゃ元戻るわ。管理画面で「プラグイン」を選択して「Google XML Sitemaps」の項目の「停止」をポチッと。すると「Google XML Sitemaps」の欄に「削除」ボタンが出るでソフトを削除じゃ。そっからもう一度同じソフトをインストールすりゃええ
ぐず夫
ぐず夫
面倒くさいのぅ
トリ師匠
トリ師匠
そう言うなて。週に一度くらい自分のブログのサイトマップを見る癖を付けとくとええかもな。

これでGoogle XML Sitemapsの設定は終了です。

次回は別のプラグインを設定するぞ。
お楽しみに!