初心者は投稿の方法すら分かりません。なのでWordPressの基礎の基礎から見てみよう!

ブログ管理WordPress, WordPress基本設定, ブログ管理, 初心者

新規投稿ヘッダー

ぐず夫
ぐず夫
なあトリ、前回WordPressの質問したの覚えてるか?

トリ師匠
トリ師匠
せやな。それがどうした?
ぐず夫
ぐず夫
やっぱな、ワシ、投稿のやり方もちゃんと書いた方がええと思うねん。「見出し」とか「画像のっける」とか、普通に書いてるけどそれすら分からへん人もおる思うねん。
トリ師匠
トリ師匠
…お主が言うと妙に説得力があるの。そんなら基本の基本からさわってみるかの。

ということで、今回から少しの期間、基本的な投稿の方法の中身についてふれてみたいと思います。

簡単に投稿て言うけど、それ初心者にとって本当に簡単?

それ本当に簡単?

ぐず夫
ぐず夫
ワシ、意外に分からへんこと多かったで。簡単や思うのは、人それぞれの人生経験が大いに関係してるんやないか。

トリ師匠
トリ師匠
そうかもの。正直ぐず夫とワシでは全然状況が違うからピンとこんけど、確かになんも分からずいきなり渡されたら分からへんかもしれへんな。
ぐず夫
ぐず夫
せやで。「見出し」とか「画像」とか「フォント」や「リンク」なんかもそうや。なんのこっちゃ分からへん中、どうにか子パンダを餌で釣って書いてきたんやから。
ダンパ
ダンパ
え? 何か言いました?
トリ師匠
トリ師匠
い、いや、何も言ってへんよ。
そなら一個ずつ説明してみよか。今回は「新しい投稿の始め方」にふれてみるかの。

投稿の前に、まずは前提条件を見てみよう!

前提条件は?

トリ師匠
トリ師匠
始めは「新しい投稿」を作成やな。

ぐず夫
ぐず夫
せや、そっから始めるのがWordPress初心者にとって必要な観点やで。
トリ師匠
トリ師匠
偉そうにすな!
ではまず「投稿を始める前の前提条件」を確認するで。ウチは「WordPressのインストールと、所定のテーマとプラグインを導入した状態」をスタート状態としてるで。下にのっける「WordPressの立ち上げ手順」と、「インストール完了後の設定」まで終えてから下の章を見たってな!

◆「WordPressの立ち上げ手順」はコチラ!

トリ師匠
トリ師匠
WordPressの基本設定、Luxeritasのインストール、推奨プラグインの導入まで終わったらいよいよ行くで!

 

まずは新しい投稿を作成するぞ!

トリ師匠
トリ師匠
まずはWordPressの「管理画面」へ移動して、「投稿」を押してみるで。

投稿を選択

トリ師匠
トリ師匠
そしたら次は「新規追加」を押してみるんじゃ。すると「タイトル」「カテゴリー」「タグ」「本文なんかの窓が表示されるで。まず始めは「タイトル」を編集するのが普通かの。

新規追加をクリック

トリ師匠
トリ師匠
「ここにタイトルを入力」てとこに投稿のタイトルを入れるんじゃ。検索サイトの表示欄には表示される文字数が決まってるで、極力30文字以内で、分かりやすく、完結に付けるのがミソやで!
タイトルを記入
タイトルは30文字以内がオススメ!
トリ師匠
トリ師匠
タイトルを入力してから別の場所をクリックすると、パッとタイトルの下に「パーマリンク」てなものが表示されるで(出なければ公開窓の「下書きとして保存」をプッシュ)。これは投稿ページの名前を付けるもんやで、「編集」ボタンを押して「投稿する内容が分かるようなページ名(半角英数字)」を簡素に付けたってな。文字の区切りにスペースは使わず、単語は繋げるかハイフン(-)で区切るとええで。ええ加減な名前を付けると見に来てくれる人が増えへんで注意や!
パーマリンク記入
パーマリンクを決めたら「OK」を押して完了!
トリ師匠
トリ師匠
パーマリンクが決まったら、次はカテゴリーを選ぼか。最初は何もないで、「新規カテゴリーを追加」から投稿の内容に見合ったもんを作ったってな(名前付けて「親カテゴリー」選んで「新規カテゴリーを追加」押すだけ)。
カテゴリー選択
ブログのカテゴリーを設定しよう!
トリ師匠
トリ師匠
ちなみにカテゴリーはむやみに増やさず、極力しぼって使うとええで。ちょっと広めの項目に設定しといて、お客さんがまとめて見やすくするのもポイントや。
ぐず夫
ぐず夫
ほへ~。
トリ師匠
トリ師匠
そしたら次はタグやな。タグは投稿の内容を分かりやすく説明したキーワードみたいなもんじゃ。投稿の中身を吟味して、3、4個設定するとええじゃろ。タグは他の記事とのリンクにもなるからの、使い回しやすい言葉にしておくと便利かもな。
タグ入力
タグは一個ずつでもカンマ(,)で区切ってまとめてでも追加(ボタン押すだけ)できます。
トリ師匠
トリ師匠
最後に、ちょっと疲れた~てなった時に使いたいのが、公開窓の「下書きとして保存」てボタンやな。これを押しとくと、押した段階のデータを勝手に保存してくれるからの。後で再編集して記事を直すこともできるで。ちなみにこれは、あくまで「下書き保存」で公開はされへんからの。安心して押すとええで。
下書き保存
疲れたら下書きして休憩
トリ師匠
トリ師匠
全部入力すると下みたいになるな。本文に入る前としてはこれくらいか。簡単やけど、今回はここまでにしとこか。
全てを入力すると…
全てを入力すると…

 

事前準備と新規投稿の作成を終えて…

ぐず夫
ぐず夫
急に親近感が湧いてきたで!
トリ師匠
トリ師匠
初歩の初歩な内容じゃからな。ぐず夫にはピッタリやで。
ぐず夫
ぐず夫
さすがにこれくらい分かるっちゅうねん!
トリ師匠
トリ師匠
はいはい。偉い偉い。
ぐず夫
ぐず夫
ムキー!

ということで、しばらく基礎の基礎部分を説明してみたいと思います。

ではまた次回!